熊本県八代市将棋事情

アクセスカウンタ

zoom RSS 今心がけていることと、よく考えること・・肥後名人戦挑決ポイント(私の勝手読み)

<<   作成日時 : 2011/06/20 22:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 実は、土曜日は水防に入ると思っていたのだが思ったより水位が上がらなかったので

見物をしようと熊日本社に・・・その前に仲本先生のところにいって昔の実戦集を見ることに

なぜかというと一回第1期名人戦から40期までを借用したことがあって、6時間制になってからの

棋譜が稚拙に見えたことを思い出したから・・・・

何時間考えてたか知らないけど、ミスが少なく凄い将棋が多い、序盤戦術はぜんぜん違うけど

やはり時間をかければ、いいものができるし、時間が短ければそれなりかなと感動したものです。

自分がチョイスしたのは天野宗歩、自分は頭の中で読むのであまり並べたりはしないが、びっくりするほど

洗練されている。

解説は中原で若いころから順にならべて、自分の軌跡をトレースして読み筋をぶつけているのは面白い。

たちまち虜になりました。

よこで竹田君が最新の棋譜を並べているときに私は江戸時代の留次郎・・・少し笑える。

おかげで高杉リーグは、散々だったものの24では、ものすごい連勝・・・携帯の方では、2400クラスを

相手に8割の勝率(ありえん)、かなりインフレしているとはいえ上出来・・・やっぱ基本は大事ですなー。

まずは、宗歩から

画像


昔は、飛車先をつかない手法が多かったようでころころと角交換に成功・・・・・・

立て続けにこのような棋譜が現れるということは、当時としては異端の発想だったのでしょう。

先手のスピード感のある駒組は近代的で今の目で見ても遜色はないですね。

もちろん、中終盤の繋ぎは凄くて素晴らしい・・・借用期間に少しでも学べたらと思う。

そして肥後名人戦、よく準備されている高橋君の構想に対して、森崎君がインターネットの将棋をしてしまった

ということと思います。

※時間配分が分かれば確証が持てるんだけど想定にすぎません。

画像


たとえばこの局面、森崎君は矢倉流をイメージしたのではなかったのだろうか?

しかしこの場合は、形がちがうのです。

矢倉流は、先手の構えが66歩に代わって、88玉でないといけません。

それで初めて、△64銀が成立します。

△64銀は条件付きの手段だと思います。

それと、ゴキ中での3筋猛攻の仕掛けが頭にあったのでは?

ゴキ中は、5筋の位を抑えているので▲57銀がいません、よって7筋を攻めても▲65歩の切り返しはできないの

で成立するのです。

恐らく、序盤の数手をパッパと指しているように思いました。

ここでの指し方で全国でよく見るのは、△53銀をそのまま置いて玉を穴熊に固める指し方。

先手は、66歩をついているのでさっさと穴熊に組みつつ時期を見て、角を旋回します。

66銀型に組めないことに満足すべきでした。

恐らく、▲65歩を突かれてあれっと思ったはずです。

次に2局目は、

画像


▲46歩?・・・△45歩を嫌ったのでしょうけどここをつくと、駒組が難しくなる。

普通は、9筋をつくでしょう。

場合によっては、97角を打つ、つぎに▲65銀からの攻めが受けにくい。

最新形の42銀よりも玉が近いので何も手を講じなければ成立しそうです。

いろんな狙い筋が生まれるような手を考えたいが残念でした。

時間の短いトーナメントでは相手が間違えますが時間の長い将棋では構想を練らないと酷い目にあいます。

恐らく、本人も分かったはずと思いますが目分量や類型をうのみにせず、確認することが大事ですね。

今日の格言

普段歩き慣れた道でも確認を・・・・

以上です。


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今心がけていることと、よく考えること・・肥後名人戦挑決ポイント(私の勝手読み) 熊本県八代市将棋事情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる