熊本県八代市将棋事情

アクセスカウンタ

zoom RSS 名人戦第2局 羽生名人早くもやや不利

<<   作成日時 : 2011/04/21 00:16   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 森内の後手番で作戦が注目されたが、意外にも矢倉戦になった。

相矢倉の後手は攻勢を取るのが難しく、最近は下火になっていてこのチョイスは意外だった。

初日から、羽生はアグレッシブに攻める。

前例のある形に踏み込み大長考でこの図

画像


早くも羽生が不利ではないかといわれている。

幸い、将棋の調子が悪く、2300後半から2400と低迷しているので少し研究してみた。

すればするほど、先手の勝ちがない。

というのも後手の角が急所に早くきいているのでその分がもろに響いている。

▲71角に森内は速攻で封じたので100%△72飛車とする。

羽生は、▲61銀と割り銀を打ち一見攻めが決まりそうだがぼんやり△36角なりとなっておいて

攻めを請求させるのが好手、52で清算しても攻めが止まった後の△39飛車が単純だけど厳しい。

先手が厳しいのは、71の角を53にもってこれないこと、すでに後手の大ゴマが守備ゴマに当たっていること

から、駒の働きに差がついてしまっているためです。

しかし、私の素人研究で10分くらいしかかけてません。

羽生名人が何か用意の一手を持っているかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
名人戦第2局 羽生名人早くもやや不利 熊本県八代市将棋事情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる