熊本県八代市将棋事情

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝負にかける執念と駆け引きを学ぶ(米長会長VSコンピューターボンクラーズ)

<<   作成日時 : 2011/11/08 23:54   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

先月、コンピューター将棋世界選手権優勝のボンクラーズに米長元名人が挑むという記者会見があった。

画像


この会見をみるまで、私は米長に失望していた・・・というのも昨年、あからというソフトに清水女流をマッチングさせ

一番、将棋界が傷がつかない形で金もうけをしたからだ。

今回も自ら挑戦するということで見てくれはかっこいいけど自分は引退棋士ですよという逃げ場もある。

おそらく、少なくとも一千万クラスの金は動いたと思う。

ソフトの力を実証したい企業側の弱みを利用して、引退棋士というあまりインパクトのない自分を売り込んだ

駆け引きは凄いと思う。

自分が感心したのはそれだけでなく、公の勝負に勝ちサクセスストーリーを描こうとありとあらゆる手段を

駆使しているのに驚き、腐っても一流だなと思った。

http://www.yonenaga.net/taisenroku.htmlを開くと米長が最新のコンピューターを購入し、特訓している

様子が公表されている。

これによると米長は、1勝しかしていないらしい・・・・

将棋を知らない人が見るとふーんだが仮にも全盛期時代は、自称宇宙最強と豪語し、4冠を保持していた時代

があった。

その一世を風靡したスターが得体のしれないコンピューターにプライドをかなぐり捨てて練習しているのである。

更に自分は弱いということを公表することでコンピューターの癖を探ることを正当化している。

他にも色々自分に有利なように環境を整えている。

より確実に勝って、なおかつスポンサーの思惑を外そうとしているのである。

以前、清水女流は人間的にきれいすぎると書いた。

そう、この米長の勝つためにはどんな努力や手段を惜しまないこの姿勢こそプロなのだと・・・・・

言葉はさわやかだけど、本質は泥沼流・・・私も勝負に関しての姿勢は見習いたいと思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コンピューター将棋との激闘(所司講座への挑戦)
最近、インターネット24をそこそこにして、激指10で研鑽を積んでいる日々である。 一日、1戦法程度を徹底的に鍛え、来るべき日に備えようと考えています。 ...続きを見る
熊本県八代市将棋事情
2012/02/13 01:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
勝負にかける執念と駆け引きを学ぶ(米長会長VSコンピューターボンクラーズ) 熊本県八代市将棋事情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる