熊本県八代市将棋事情

アクセスカウンタ

zoom RSS 支部団体戦 熊本予選 (好調な時ほど身を慎め)

<<   作成日時 : 2011/02/27 22:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

飯を軽めにして、なるべくトイレに行かないようにして、皆を引率・・・・

ベストメンバーではないものの、マネージメントをうまくやれば優勝は十分可能と考えていた。

課題は2つ、一つは、よしくんのモチベーションを上げること、もう一つは、吉村君に実戦での戦い方を

身をもって学ばせること。

本当は、とても早いと思ったがうちの精鋭のチームに組み込んだ。

これによって、山内君とよしくんにプレッシャーをかけることができて、吉村君もなんとかせねばという気持ちが

でてくると思った。

それと、同世代の戦い方を身をもって感じ、どこが自分にかけているのかを知るいい機会になると思った。

こっちは成功したと思っている。

他にも色々配慮していたが、人によって変にとらえられたらいけないのでこの辺は省く。

それでも最初は少し、緩んでいたと思う。

遊友子供支部Aとの試合・・・・・・

画像



この試合、吉村君ががんばって勝利、しかし山内君が苦戦していた。

だが、いい粘りを見せて、簡単に決め手を与えず長期戦に持ち込む。

団体戦は、こういう戦い方も大事である。※負け方も大事なのです。

ここまでは良かったがよしくんがさえなかった。

かなりいい将棋を勝負形にして敗北・・・・

だがこれがいい方に行き、もう一つの課題のモチベーションが上がり、調子を取り戻し連勝。

予選を通過し、決勝へコマを進めた。

画像


予選で負けた白井君のチームが敗北し低学年チームが残ったため、また緩みが戻ってしまった。

まだ、分からんと言ったが上手く、つたわらなかったかもしれない(この辺は私の人間性か?)

吉村君と菅村君は、吉村君がさばきそこなって菅村君勝利・・・・・

山内君は、淡々と勝ち、残るは、葉山VSよしを残すのみとなった。

緩んでいるとはいえ、必勝を期して得意の棒銀を採用。

かなり優勢だったのだが、何故か形勢が接近して、最後は、一手違いになっていた。

それでも余して勝てると思って、網を縛るよしくん、一手違いを見切ってのことだろう。

葉山君、苦戦を意識するも最善の方法を選択する能力は恐らく、県内でトップクラス。

最後まで生き延びる道を模索する。

画像


よしくんの38馬に対する17玉が葉山君の勝負手、さてここでどう指すか?

(注)あのとき銀の位置を間違えていました、よしくんごめん

正解は、18金!!多分これで詰み。

同香は、39角から手数は長いが詰み、何はともあれ香車をなくすことに着目しなければならなかった。

※そこだけがキモ

あとは葉山君の持ちゴマが金銀財宝なので補充がきいて詰んでしまう・・・・・

しかし、無造作に指した次の28銀が悪手、一枚足りなくなってしまった。

一番単純なのは竜で取る手で、此方の変化が簡単だった。

流れのおかしい時は、一呼吸置いた方が良かったのだが油断だったのだろう。

しかし、葉山君の最後まで最善の方法を選択し、相手に楽に指せない指しまわしをほめたい。

八代のみんなはよく頑張ってくれた・・・・ただ、最後緩んでしまったのが非常に悔やまれる。

決勝の結果は、なるべくしてなったのだろうと思う。

最後の格言「好調な時ほど身を慎め」自分自身にも言い聞かせたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
△1八金とは凄い手ですね・・・
詰めパラに出てきそうな問題です。

※この局面は金が1枚多く、銀が1枚少ないような?

竹田
2011/02/28 09:28
あ、5二の駒が成銀ですよね?目の錯覚でした・・・
竹田
2011/02/28 09:43
38龍の変化にするべきでした。
これだとガンガン王手するだけなのでやさしかった
と思います。
38馬の手順は詰みなのですが、これを試合でやれ
というと自信がありません。
私なら、
第一感は、18金、二番目に27馬とよんでどっち
かなと考えるでしょう。

ただかなり複雑なので、38龍を実戦では選択し
ます。
取らなければ、追い詰み、とっても追い詰みなので
間違えようがない。

一呼吸おけば、彼の棋力と性格からそちらを選んだ
と思います。

前段の油断が伏線にあったと思われますが、それを呼
んだ葉山君のしぶとい指しまわしをほめるべきです。

レベルは違いますが羽生に似た嗅覚を持ってます。
これは、教えてできるもんじゃないもんね。

あとは知識を少し組み込めば、楽しみな存在に
なりそうです。
管理人
2011/02/28 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
支部団体戦 熊本予選 (好調な時ほど身を慎め) 熊本県八代市将棋事情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる