熊本県八代市将棋事情

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の将棋観戦(王将戦 第1局 豊島VS久保戦)最後の審判・・・・

<<   作成日時 : 2011/01/09 13:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

王将戦第1局が徳島の大塚美術館で行われている。(大塚製薬、金持ってるなーやっぱ薬高すぎ・・・) 

画像


(これが1企業の美術館。。。凄すぎる・・・壁にはミケランジェロの最後の審判の絵がある)

挑むは、王将戦史上最年少の20歳の天才豊島・・・

画像


当時の羽生と並ぶ勢いで勝ち星を重ねる若き天才にどのような審判が下るのか?

対するは、円熟みをまし充実している、これまた関西の天才と言われた久保。

見ものです。

画像


鳴門海峡の夜明けとともに対局が開始された。

画像


この対局は今中継されてますが、少し要点だけをまとめてみます。

画像


豊島の対ゴキゲン超速に対し、久保は32銀型を採用・・・・

普通は、32金か82玉なのですがどの道、飛車を切るなら此方が固いということで見直されつつある戦形です。

画像


この手は、77銀上がりの時に56歩とやられるのを封じ、中央からじっくり抑え込もうという工夫した一手です。

敢えて、やらせる手もありますがそれは、玉形の違いで勝ちにくいというデータが出ているようです。

しかし、この手が成立するかどうかは注目ですね。

画像


中央にモーションを仕掛けて、相手の玉形を不安定にして3筋から仕掛けました、35飛もありましたがそれを含みに

58金と自陣を引き締めました。

プロ筋の一手です。

画像


このあと、33銀とたったのが盲点の一手です。

このあと▲35飛△72金▲37桂△64角と進んでよくわからない将棋・・・・

ここまでは五分かと。

画像


豊島の狙いが分からないが▲24歩〜▲97角は指しすぎではないかと思う。

負ければこれが敗着なぜなら、この局面が成立してしまうから

画像


この香取りは厳しすぎる、若武者ピンチである。

ここでの審判は、勝負の厳しさなのか・・・・・今後を見守りたいですね




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の将棋観戦(王将戦 第1局 豊島VS久保戦)最後の審判・・・・ 熊本県八代市将棋事情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる