熊本県八代市将棋事情

アクセスカウンタ

zoom RSS ノルウェーの森をみて(生きるということ)

<<   作成日時 : 2011/01/07 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、将棋の話とは離れます。

いま、話題作となっている「ノルウェーの森」をみました。

画像


あらすじはこうです。

主人公であるワタナベ(松山ケンイチ)には、2人の男女の幼馴染がいました。

その二人は非常に仲が良く、ワタナベはその2人と一緒によく遊んでいました。

しかし、男の子のほうが自殺してしまい、それを忘れるために田舎を離れ東京に出ます。

そこで、片割れである直子(菊池凛子)にであって、結ばれますが何故か喪失感に包まれてしまいます。

画像


そのうち、直子は療養所にいき、そうこうしているときに幽鬼のように生気のない直子とは対照的な自我の強い

不思議ちゃんミドリ(水原)と出会い引かれていく云々・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像



あとは映画を見てね。

この映画、初め全く意味が分かりませんでした・・・・・

しかし、この直子とミドリを比べてみるとよく見えてきます。

それとワタナベについてですがかなりの女と情交をかさねますしかし、どの女を抱いても喪失感しか残って

ません。(まるで風俗嬢を抱いているような感じではないでしょうか?・・・)

女もワタナベを愛してはいないのです。

これでピンときました・・・・これは恋愛ものではないのです。

多分、生きるということがどういうことなのかというのがこの映画のテーマのように思います。

幽鬼のような直子が恐らく、過去、苦しみ、弱さ、虚構を示していて、元気のいいミドリが生、強さ、現実、自我を表

しているのかなと・・

それに、そう考えると直子は療養所で仙人のような生活をし、ミドリは喧騒とした東京で生活している等様々なシ

ュツエーションがリンクし、自分の中で溶けていきます。

ワタナベは、主人公でありながら自分というものがなくその間を行ったり来たり漂っているのです。

生きるということは、さまざまな困難を克服し、それを繰り返しながら生きていかなければならない。

そして、おこった事柄に対して逃げずに向き合っていく・・・・・・・

そういったことを伝えるメッセージのように感じました。

あるきっかけにより、ワタナベは、自分自身の足で人に流されない人生を歩み始めますがそれは映画で。。

どんな辛い状況にあっても逃げずに向き合うことが大事・・・・・・・

うーん勉強になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノルウェーの森をみて(生きるということ) 熊本県八代市将棋事情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる