熊本県八代市将棋事情

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の出来事

<<   作成日時 : 2010/11/20 23:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はいろいろあった。

まず、熊日に竹田君との将棋が掲載。

しかし、少し解説の日本語がおかしい。

「玉頭位取りという指し方は、穴熊に出現で少なくなったのは、振り飛車穴熊に対し以下」

主が2つあるため変な文になっている。

たぶん、玉頭位取りよりも居飛車穴熊のほうが有力との意味だと思われる。

が熊日の記者は、文書の接続詞等の指摘はしてもよいと思う。

もちろん将棋の中身は、分からないだろうけどこれは、文章の書き方なのでチェックはしてほしいものだ。

ぱっと見、さっぱり意味がが分からない。

文章というものは、書き手がチェックしても結構分からないものなので少し見てもらうことを要望したい。

ついでだが、玉頭位取りがすたったのは、居飛車アナグマのせいではない。

画像


この振り飛車の形を森安が開発して、玉頭位取りは激減した。

狙いを示すと、中飛車に振り▲55歩とうち△どう歩、▲同銀、△54歩、▲同銀と踏み込む。

金でも銀でも次に▲55歩として、交換が成立、戦場が玉に近く、振り飛車の攻め足が速い。

相手の攻め足が速くては、玉頭の反撃が間に合わないという仕組み。

この型は△45歩と交換するとさらに傷口が増し、玉頭戦に持ち込みにくい。

手数をかけてもあまり戦果をあげないとの意味から減ったのである。

逆にこの型は、振り飛車党には必須なので覚えてほしいです。

それと、位取りの使い手である中原の力の衰えもあるだろう。

今の羽生が玉頭位取りや5筋位取りをしているの私は見たことがない。(羽生の頭脳にも書いてない)

時の第一人者の影響もあると思う。

それと、Yさんの口が悪く、客足が減っているとの話があり、期待の若手も入っているとのことだった。

しかし、もしそうなら、今は我慢してほしい。

わたしも将棋を覚えて2か月くらいで、棋友会にいき柴田さんに2枚落ちでやられ、かなり罵倒されたことがある

(なんでだろ・・・)。

今考えても、わけのわからない人であるがものすごく馬鹿にされたあげく、その人は、結構負けていたので

こんな人に2枚落ちで負ける自分は何・・・・という感じで、1人で便所で泣いたのを思い出す。

※まあ、入門書しか読んでないので負けて当たり前なんだけどね。

しかし、中2くらいから展開が変わり始め、一瞬で抜いたのを思い出す。

やかましく言われても指してくれないわけではないし、いずれ勝って見せると思って道場に通ってほしい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の出来事 熊本県八代市将棋事情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる