熊本県八代市将棋事情

アクセスカウンタ

zoom RSS 最終戦 熊本県棋王リーグ決勝 VS高橋淳戦 幻の勝利

<<   作成日時 : 2010/11/18 21:40   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

div>
(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

お互い、2勝同士の最終決戦。
ここまでくればもう、何も考えずに行くしかない
ただ、できれば先手番になることを願っていたが、竹田君の振りゴマは後手・・・・・・・・
※使えん奴だ・・・・・・・・・・・(笑)
なぜ先手番がほしいかは今は秘密である。
まずは先手高橋君は、初手26歩。
それに対し、私はゴキゲンを採用した。
対して、意外にも高橋君は角道をあけ、玉の囲いを急ぐ、それに対し飛車先をつかないのが
工夫でこうすれば、確実に美濃まで囲える利点がある。

画像


早くも前例のない将棋になっている。
銀を腰掛る形は、後手が向かい飛車に振りなおしたときにやる手・・・・・・・・・
ここまでの進行を見て、殆どの人は2人が何を考えているのかさっぱりわからないだろう。
答えを言うとお互い相手に角交換をさせようと思っているのです。
後手が角交換すると、同玉と取り、無手で玉が移動します。
逆に先手が角交換すると後手が無手で銀立ちが早くなって、攻め足が速くなります。
この腰掛け銀は一種の挑発なのです。
この前の後手の33角上がりも同じ意味。
細かい駆け引きが続きます。

相手の意図を外す意味で角道を止め、四間に振りなおしました。
高橋君としては手ドクしたと、私としては自分のやりやすい形にしたという意味でお互い主張し合います。
しかし、端を狙う構想はあまり良くなくもう少し囲いを進展させるべきだった。
高美濃まで囲って、端攻めを見せる展開のほうがはるかに勝っていた。

画像


普通は、同飛が筋であるが同香と取ってきた。
同飛の展開より歩が多いなるとの判断だが、此方もと金ができるので善悪は難しい。

画像>


この端攻めに最初期待していた。
桂の入手の前にこれをやっとけばよいとの判断・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今思えばたんに桂を打ち、楔を残して、と金攻めが一番よかった。
この手法は、駒が補充された後苦しくなる。
この時点では相手に桂がないので桂を打ち、それを犠牲にしてと金から金を入手する手法が勝った。
もう一本道になる。
相手にとって読みやすい展開になった。

画像


まず飛車を打った。
意味は、何か駒を打たせて、攻めをゆるくさせたい意味。
しかし、さらなる駒の補充を図るため金を上がる。
攻めの見切りの上手い、高橋君らしい手であるが疑問だった。
もちろん、85桂を私が打てば、▲86銀△97桂なり▲同銀となり、私の攻めがストップし、次の66桂が
受からず、先手勝ち。
もちろんそんな意図は、私も読んでいる。

画像


△96歩、▲同香、△97桂が第一弾の反撃。
周りの観客が一斉に集まってきた。
この手を仮に同桂と取ると、△99角、▲98玉、△77角成!!!
▲同金、△79竜が詰めろ金取りで、先手負け。

当然、59香と受けるけど更に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像


さらなる鬼手を連発、この金はぎが受けにくい。

ここで、残りの10分を高橋君はすべて消費して、79金と引いた。

画像


ここで、桂を先に取ったが痛恨の手順前後、58角なり〜98金で97桂が楔で残り厳密には難しいが勝ちになって

いたようだ。

そして、
画像


ここは、△77桂なり▲同玉、△85銀で難しい勝負、次の金取りを受けないと相当厳しく、金立ちには、96銀とし

香車がないので寄らない。

相当な勝負と思うがここで△64歩としてしまい、▲86銀でゲームセット。

非常に残念だが、もう一度基本を見直し、がんばろうと思う。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
あれ、私が振り駒しましたかね?
あんまり覚えてないですが、たしか高橋さんが振り駒されたと思います。
基本的に振り駒嫌いなので、自分が対局者の時も私が記録係りの時でも振り駒しないようにしてます(笑)
竹田
2010/11/18 23:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
最終戦 熊本県棋王リーグ決勝 VS高橋淳戦 幻の勝利 熊本県八代市将棋事情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる