熊本県八代市将棋事情

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊本県棋王戦特集 「位取りはなぜプロに嫌われるのか」 竹田5級との決勝

<<   作成日時 : 2010/10/15 20:16   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

まず、本題に入る前に竹田5級の紹介をしておこう。
竹田5級は、自分が熊本に帰ってきたときに、最初に県代表を争った相手である。
なぜ5級なのか?下の名前が5級ということで勘弁してもらいたい(笑)。

そして、遊友子供将棋教室のマスコットである。
どの子どもからも「竹田君」と呼ばれている。。。。。。。。
その人柄が安心感を誘うのだろう・・・・・・・普通、年が離れていると緊張するものだが竹田君に関しては
皆友達ムードで話す。
※ほんとに友達ではないかと思うほど溶け込んでいる。
かといって、私が「○○君」とはさすがに役入りを前にして呼ばれたくはないですけどね。
※下手したら、お父さんより年上かもしれんし?・・・・・・・

さて本題に移る。

位取り・・・・・・・この愛好家は、2段〜3段クラスに非常に多い。
少し、上達してくると、じわっと盤面を制圧して勝ちたいと思ってくる。
そして、位取りだと、そういった将棋になりやすい。
まるで上手ぽく勝てるのである。
なかには、これぞ本格派の将棋と思っている人がいるがこれは大きな勘違いであると思う。

位取りとはどういう戦法なのか、一番理想とする将棋を取り上げる。

画像


この仮想局面が最も位取りの本質を表した手です。

この時点で、居飛車側は、玉側を制圧し、振り飛車は飛車側を制圧してます。
居飛車はどう仕掛けるのかは難しいですが、振り飛車は玉側の升目を潰されているので仕掛けるしかなくなって
ます。

@ 相手の駒組の進展性がなく、相手が無理して仕掛けるしかない状態に陥っているとき。

これが第1の条件

自分ひとりの力でよくしようとすると悪くなります。

画像


振り飛車は、駒ドクしていますがこの状態は、百人中百人居飛車優勢というでしょう。
なぜそうなってしまうのか?

銀の位置に注目してください。

いままで制圧に1役かっていた振り飛車の銀があまり役に立っていません。
逆に囲いの一部であったはずの居飛車の銀は、攻めの拠点として十分に働いてます。
さばき合いが終了した後、自然に駒の働きに差がついてしまうのです。
居飛車の銀が何もしていないのに攻めゴマの一部として機能しだします。

A 敵の攻めゴマが焦土化し、遊びゴマ状態になるとき。

この二つの条件さえそろえば、勝つことができます。

ただ、自分からよくはできません、相手が仕掛けさせて初めて手ができます。

あまり考えなくても駒が玉側に近いのでさばけているという機能を起こし勝負になります。
だから、駒さばきの下手な人でも勝負にもっていくことができてしまうのです。

はっきり言います、どうやってよくするのかという具体的な狙いのないカウンターオンリーの戦術なのです。

プロは、最善手を追求し指しています。

あなた任せの狙いのない、いい加減な位取りは、局面の過程として考えることがあっても指す気になれない

ということだと思います。

この二つの条件を頭に入れて竹田5級との決勝を見ましょう。

竹田君は振り飛車模様から位取りにしたため、手の立ち遅れが目立ちます。

画像


この局面とさっきの将棋と何が違うかというと、振り飛車はまず@玉側の手詰まりがありません。
Aの攻めゴマが遊ぶ状態もありません。

次の狙いは、▲75銀〜▲74歩で63に銀はなれそうです。

清家3段より、△42金との指摘がありましたがそれを指すと以下の手順で完封負けを喫したと思います。

どうしようもなくなって、△64銀と攻めをけん制したのは、おかしな手ではなかったのです。

しかし、ここでじぶんから動く手は悪くなるといいました。

▲65銀とぶつけられて、同銀、同桂、64銀打ちに同角と切り強攻。

少し難しいと思ったが押し切ることができた。

位取りは、いろいろ苦労の多い割には自分からよくする手段が少ない。

更に条件が相手の駒が遊んでないといけないという条件がいる。

主流の戦法になりえない最大の理由であると思う。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私の実力で決勝まで行けたのが、そもそも謎でした。あらためて見てもヒドイ将棋ですね、5級の将棋で違和感がないと思います(笑)

3手目▲75歩に対して居飛車にしようかと悩みましたが、いろいろ面倒なので相振りにしようと思ってました。
4手目に△35歩か△32飛、△54歩のどれで相振りにしようかと迷いましたが、どれも怖い変化があるので無難な△44歩にしました。これがすべての失敗の原因でした(笑)
竹田
2010/10/15 21:01
謎ではないです。
僕は強いと思ってますよ。
※なんせ、新宿道場の4段を破ったのだから・・・

怖い変化があるんだったら、暇な時になれておくのも
いいかもしれないですね。

※ボナを使って仮想局面を練習しておけばいいよ。

私も強くならんといかんなと思う今日この頃・・・・
管理人
2010/10/15 21:17
あと、前の3間飛車シリーズも何か意見が
欲しいですね。
「竹田君」
管理人
2010/10/15 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊本県棋王戦特集 「位取りはなぜプロに嫌われるのか」 竹田5級との決勝 熊本県八代市将棋事情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる